歯ぎしりの原因と影響について

歯ぎしりを引き起こしやすい人

歯ぎしりを寝ている時に無意識に起こしている事を自覚している人はあまりいないようです。寝ている間に、大小にかかわらず歯ぎしりをししている人は意外と多くいる、との研究報告があります。歯ぎしりを起こしてしまう原因として、ストレスが挙げられます
現代はストレス社会とも言われています。仕事や人間関係において悩みを抱えやすい現代社会では歯ぎしりをしやすいというのは納得できるのではないでしょうか。多数の人が歯ぎしりをしていると言われていますが、性格によって激しい歯ぎしりを起こしやすい人と言うのがあるようです。

ストレスを溜め込みやすい人は要注意

激しい歯ぎしりを起こしやすい性格としてあげられるのは、ストレス発散がうまくできない人、攻撃的な性格の人、頑張り屋、負けず嫌い、競争心の強い人となどと言われています。その他には、目的意識が高い人や、時間に追われている人なども挙げられます。このような人は歯ぎしりを起こしやすいと言われています。

歯ぎしりがあるのは真面目の証拠?

ここに挙げたような人たち全てが歯ぎしりを起こすわけではありませんが、歯ぎしりを起こす確率は高いようです。歯ぎしりを起こしやすい性格と言うのは、日々の生活を一生懸命行っているということが分かるのではないでしょうか。歯ぎしりをしないようにするには、意識的にのんびり過ごせる工夫が必要となるでしょう。
ストレスを軽減できる何かを探すのも良いのではないでしょうか。笑顔の時は歯を食いしばるということがありません。日ごろから笑顔で過ごせるようにするということも歯ぎしりの改善に効果的と言えます。

ストレスと歯ぎしりの関係

歯ぎしりの原因としてもっとも多いと言われるのは、ストレスです。肉体的、精神的ストレスが歯ぎしりを引き起こしていると言えるようです。もちろん、高さのあっていない詰め物、噛み合わせ、歯並びなどが影響して歯ぎしりが起こっている事もあります。
ストレスが原因となっている歯ぎしりは、ストレスを解消するしかありません。しかし、ストレスを完全に排除することは難しいでしょう。特に、ストレス社会と言われる現代です。

歯ぎしりはストレス発散のため

ストレスの原因は人によって様々で、殆どの人がストレスを抱えて生活していると言えます。ある研究者は、殆どの人が歯ぎしりをしていると発表しています。歯ぎしりは、歯周病を引き起こしたり、歯や歯茎を傷めたりという弊害を起こしてしまいます。
この状態は良くないと言えるでしょう。不具合を起こしてしまう原因となる歯ぎしりは、やめたほうがいいと考える人がほとんどではないでしょうか。しかし、ストレス解消のために無意識のうちに歯ぎしりをしているという実験結果出されています。

日ごろからストレスを溜め込まないようにしよう

歯ぎしりは、悪いことばかりではないようです。しかし、その結果として歯ぎしりの及ぼす不具合は大きいものがあります。歯ぎしりをすることによって、歯の磨耗、肩こり、偏頭痛、睡眠障害などのトラブルが起こってしまうことがあるのも事実です。
ストレスが無意識のうちに起こしてしまう歯ぎしり。体に不調を起こさないためにも、日ごろからストレスを解消できるようにしておくことも必要となるでしょう。