歯ぎしりの原因と影響について

3種類ある歯ぎしり

知覚過敏、歯の擦り減り、朝起きた時に顎が疲れるなどの症状が気になることはありませんか。このような症状が歯ぎしりによるものだと考える人は、あまりいないのではないでしょうか。歯ぎしりは『咬合神経症(ブラキシズム)』とも言われています。
就寝時に無意識のうちにギリギリ、ギシギシと歯をこすり合わせて音を出す歯ぎしりは咬合異常が癖になって起こると言われています。この歯ぎしりには3つの種類があると言われています。

 

グラインディング

グラインディングと言われる歯ぎしりは、就寝時に歯を擦り合わせて起こるもので、一般的に知られている歯ぎしりの事です。
歯をこすり合わせることで独自の不快な音を出し、歯を擦り減らしてしまいます。

 

クレンチング

クレンチングと言われる歯ぎしりは、就寝時に限らず起きている時にも歯をかみしめている状態のことをいいます。このクレンチングは、グラインディングのように音が出ません。
その為、本人はもちろんですが、周りの人にも気が付かれる事が中々ありません。クレンチングを長期にわたり行ってしまうと、歯周病を悪化させたり、歯茎炎を促進させてしまうことになってしまいます。

 

タッピング

タッピングと呼ばれる歯ぎしりは、歯をカチカチという音を立ててぶつけ合わせる事を言います。
これは癖になってしまっている場合もあるようです。歯ぎしりと一言で言ってもこのように種類があるのです。歯ぎしりは、単独で1つの事が起こる場合と、いくつかが合わさって起こる場合があるようです。